JapaneseStyle 古材再生の家

施工:平成20年7月  敷地面積:505.70m2  床面積:125.87m2  
設計趣旨
昭和初期に建てられた古民家の梁・大黒柱を再生した和の住宅です。
建具やガラスや欄間も再利用しました。ポーチ、玄関の天井を低く押さえる事により、居間に入った時の空間がより広く感じられます。つし(小屋裏部屋)を含め、古材を表しにしたダイナミックな小屋組は、とても存在感があります

※スライド中の写真をクリックしていただくと、ギャラリーフレームに表示されます。