悦ちゃんの家(名草山を望む)

施工:平成20年12月 述床面積:83.12m2  リフォーム面積:70.48m2
<既存>
■1階:8帖の台所・食堂に6帖和室が繋がり茶の間として使っていた。台所・食堂に繋がった4.5帖の和室は、お母さん(悦ちゃん)の寝室として使っていた。脱衣室が1帖しか無く、洗濯機を外部に置き外で行っていた。トイレは階段の下にあったので、階段の蹴上(段差)が途中で変わり上がり難い状態だった。
■2階:寝室と和室があり、和室は殆ど納戸として使われていた
<リフォームで行った事>
耐震診断をして、必要な耐震補強を行いつつ、使い勝手の良い・明るい家へとリフォームを行った。
■1階:食堂・台所と和室を居間・食堂・台所の1つの空間とし、少し縮める事により、脱衣室に洗濯を置くスペースと、タオル・下着を入れる収納・クロークを生み出した。茶の間の窓の上にハイサイドライトを新しく新設、1階の採光は殆どこの窓で賄えた。以前洗濯機が置いてあった洗濯の干場は、床の段差の無いウッドデッキとした。階段は同じ蹴上にし、トイレの天井高さ、窓の位置を調整した。新設のサッシはもちろん、古いサッシもペアーガラスに取替えた。
2階:寝室と廊下の床に防音マットを敷き床材も新しくした。古い木はペンキを塗り、壁・天井に下地材を張り、クロスを新しく貼った。サッシのガラスは型ガラスから名草山が見える様にトーメイのペアーガラスに取替えた。和室(納戸)は入口以外は改装しなかった。

※スライド中の写真をクリックしていただくと、ギャラリーフレームに表示されます。